選択肢を増やして、少しでも良い物件を探す

ネットでの物件探しは、情報量の多さを活用

一戸建てといっても、新築、中古、注文住宅、建売住宅という分け方ができますから、一戸建て物件を探すとなると、金銭面と相談をしながら、どの範囲で一戸建てが買えるかということが切実な問題になるでしょう。その上でだいたい絞り込みができたら、情報誌、チラシ、ネット、近隣での呼び込みや立て看板などで探すことになります。

不動産業者に希望条件を登録することも一つでしょう。おそらく、一生に一度の高額な買い物になるという方がほとんどでしょうから、できるだけ多くの情報を集めたいものです。今はネットで探す方法が手っ取り早く、一度にたくさんの物件を見ることができますから便利で、利用者も多いのですが、金額が金額だけに即決することは危なく、載っている物件はもうなくなっていることすらあるでしょう。

ですから、どんなエリアにはどんな物件があるのか(価格帯や間取りなど)の情報集めには最適ですが、その情報だけで購入しようとすることはおすすめできません。そもそも、誰もが良いと思う物件は大々的に宣伝しなくてもすぐ売れてしまうもので掲載されませんし、掲載されている物件は売りを急いでいることも多く、即金(ローン準備完了も含む)で購入できる方でなければ取引が難しいこともあり、これらが購入するにはネット情報がおすすめできない追加理由でもあります。情報量の多さを活かすような活用の仕方をしたいものです。

中古物件を探すほうが、都心部を除けばお得

一戸建て物件を最も大きく二分すると、新築か中古かということになるでしょう。リノベーションによって中古物件の人気が出てきたとはいえ、まだ新築には根強い人気があります。ただ、価格を見てみると、圧倒的に中古物件のほうが安くなることは否めないでしょう。少々古くても、中古物件を探したほうが土地の広さや間取りの広さで満足できる物件が手に入る確率が高くなります。立地条件ももちろん含めて検討したとしても、都心部を除けばお得になることが多いのです。

中古物件