確定拠出年金は公的年金に上乗せして受け取れる年金

日本の年金制度は3階建て

老後の生活を支える年金。日本の年金は3階建てと言われることがあります。

1階が国民年金。国民年金はすべての国民が強制加入の年金制度です。

そして、2階が厚生年金。厚生年金は、会社員や公務員が加入する年金制度です。ちなみに、国民年金と厚生年金を合わせて公的年金と言います。自営業者など会社に勤めていない人(第1号被保険者)は、厚生年金には加入できませんから、1階の国民年金だけになります。ただし、第1号被保険者は、任意加入の国民年金基金に加入して、自分で2階を作ることはできます。

3階は企業年金と呼ばれる年金制度になります。企業年金は、企業が従業員のために用意している年金制度です。すべての企業で企業年金が用意されているわけではありません。会社員でも、国民年金と厚生年金だけ、2階までの人もいます。企業年金がある企業に勤めていれば、1階から3階まですべての年金に加入していることになります。

厚生年金は2階で確定拠出年金は3階

確定拠出年金と聞くと、厚生年金とどう違うのかと思う人も多いかもしれません。

厚生年金は、公的年金になります。3階建ての年金制度の2階部分で、社会保険のある会社の従業員は基本的に全員加入しています。

一方、確定拠出年金は公的年金ではありません。確定拠出年金は、企業年金の一つで、年金制度の3階部分になります。年金制度の3階に該当する年金には、確定拠出年金のほか、確定給付年金もあります。

厚生年金では、毎月所定の方法で計算された保険料を支払うことになります。保険料は給与額をもとに計算された標準報酬月額を基準に計算することになり、自分で保険料の金額を決められるわけではありません。なお、厚生年金の保険料の半分は会社が負担します。

確定拠出年金の掛金は、他の企業年金がある場合には月2万7500円、他の企業年金がない場合には5万5000円が上限となっており、上限までの範囲で会社が決めた掛金を会社が負担します。