確定拠出年金で積み立てれば税金が安くなる

拠出時、運用中、給付時に税制メリットがある

確定拠出年金のいちばんのメリットは、税制上の優遇がある点です。

お金を普通預金や定期預金に預ければ利子(利息)が付きますが、利子には税金がかかります。利子に課税される税率は20%(所得税15%+地方税5%)+復興所得税0.315%の20.315%になります。利子を受け取るときには、税金が差し引かれたものを受け取ることになります。また、株式や投資信託などの投資によりお金を増やす場合にも、配当金や売却益などの得られた利益に同様の税金がかかります。利益が大きくなるほど税金も大きくなりますから、貯金したり投資したりするときには、できるだけ損しないように、税金のなるべくかからない方法を考える必要があります。

確定拠出年金では、掛金の拠出時、運用中、給付時のそれぞれに税制上の優遇が設けられています。つまり、確定拠出年金で運用すると、自分で運用するよりも、お金が増えやすいことになります。

所得税・住民税の計算の際に控除が受けられる

所得税や住民税は所得に対してかかりますから、所得金額が少なければ税金も安くなります。所得の計算の際には、所得金額から差し引きできる様々な控除があります。確定拠出年金で自分が拠出した掛金については全額所得控除の対象になるため、その分所得税・住民税が安くなります。

なお、企業型の場合には、掛金は会社が拠出しますが、従業員がマッチング拠出として自分で上乗せ拠出した分は所得控除が受けられます。さらに、確定拠出年金の運用中は、通常の預貯金や投資でかかる20.315%の税金が非課税になります。確定拠出年金で運用した分については、お金が増えても税金の心配をする必要がないということです。

確定拠出年金では60歳になったら運用したお金を一時金で受け取るか年金で受け取るかを選べます。一時金で受け取る場合には退職所得控除が、年金で受け取る場合には公的年金等控除が受けられ、やはり税金が安くなります。