新座市の子育て環境

新座市は教育特区になっている

新座市は子育て世代の人が比較的多く住んでいます。新座市の人口構成を見てみると、20代後半から40代前半くらいまでの年齢層の割合が全国と比べて多めです。小中学生くらいまでの子供がいるくらいの年齢でしょう。地価のわりに都心へのアクセスが良いなどの理由で新座市に住んでいる人もいますが、子育て環境が良いということで新座市に住んでいる人も少なくありません。新座市は子育てや教育に力を入れている地域で、埼玉県から教育特区にも指定されています。

新座市で特に力を入れているのが小学校の英語教育です。2020年から小学校5、6年で英語を正式な教科として扱うことになっていますが、各自治体でこれに先駆けて英語教育を取り入れているところもあり、新座市もそのうちの1つです。新座市の公立小学校では1年間で140時間も英語教育に充てています。小学校で英語教育を実施している自治体の中でも、かなり力を入れている方だと言えるでしょう。

子育てしやすい町を目指している

教育において学力をつけることは非常に大事です。特に小さいうちから学習習慣を身につけると、中学や高校に進学した後にも役立つでしょう。英語を小学校からしっかり学ぶことで、文法や長文読解だけでなく、英語を話したり聞いたりする能力も身に付きやすいです。新座市で子育てすることで、子供が将来国際的に活躍できるようになるかも知れません。

そして、新座市では学力を身に付けることの他に、親子で楽しめるイベントなども開催しています。子育て支援センターやつどいの広場などの施設を設けており、子供が安全に楽しめて、親御さんへのサポートも万全です。小さな子供を持つ親御さん同士の交流もあり、ママ友作りにも役立つでしょう。

また、出産直後に家事をサポートするようなサービスも取り入れています。一時預かりに対応している保育施設もあり、子育てに関してきめ細かなサービスを実施しています。新座市は埼玉県内の地域の中でも、子育て世代の人にかなりおすすめできる地域です。

新座市エリアの教育機関

保育園・家庭保育室 – 新座市ホームページ

http://www.city.niiza.lg.jp/life/3/9/139/

新座市小中学校ホームページ – 新座市ホームページ

http://www.city.niiza.lg.jp/soshiki/50/school-hp.html

新座市の大学一覧から探す|スタディピア

http://www.homemate-research-college.com/bc11/11230/